臨床試験ご協力のお願い

千葉大学大学院医学研究院認知行動生理学及び子どものこころの発達教育研究センターでは、現在下記の研究に参加していただける方を募集しています。

・強迫性障害の認知行動療法(18歳~50歳の方対象)
・認知行動療法の効果とMRI脳画像変化の探索的研究(健常と患者の方)
・ひきこもりの人の親を対象とした親支援プログラム開発研究
・慢性疼痛に対する認知行動療法
・ASDに気づいてケアするプログラム(ACAT)
・統合失調症の方を対象とした「考え方をやわらかくするオンラインCBTプログラム」
・うつ・不安症状の自助ツール「メントレ12週」
・摂食障害に対する認知行動療法の有効性の神経科学的エビデンスの創出(EDNI)(摂食障害と健常の方)
・不眠症のインターネット認知行動療法
・身体症状症に対するオンライン認知行動療法
・神経性やせ症の認知機能改善療法

詳細は各疾患ごとの応募資格や参加の流れをご確認下さい。