CBT紹介

|CBTを学びたい方へ

認知行動療法とは

患者さまが、自分の「感情(気分)」や「考え方(認知)」や「行動」の病気になりやすい悪循環のパターンにおちいっていることを発見するのを、患者さまの立場にたってセラピストがお手伝いし、「考え方(認知)」や「行動」を変えてみることによって、 「感情(気分)」の問題の解決を目指す、患者さまが熟練したセラピストとともに行う精神療法・心理療法です。

薬物療法に勝るとも劣らない効果を持ち、従来型の支持的精神療法よりも優れた効果を持っています。そのため、不安障害(強迫性障害、社交不安障害、パニック障害など)、過食症などの多くの疾患で、治療の第一選択とされています。

千葉大では、科学的な実践をめざし、疾患ごとに特色をつけた全12~16回のプロトコルに準拠して実施しています。

一般的なプロトコル

  • アセスメント
  • 心理教育
  • 行動実験/曝露療法/認知再構成
  • 再発予防
  • フォローアップ

ここれん

毎日のこころの健康を保つためのこころの練習5分間はこちら